本日:
昨日:
URL:http://psychology.jugem.cc/
管理人:浅野教授 neko_colum@hotmail.com
「いんちき」掲示板
 虚構はしょせん虚構に過ぎない。だが虚構を求める人々の心は「真実」だ


 
スポンサーサイト (2015.08.09 Sunday) [-]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 この記事へのリンク|-|-

 
「水属性の敵にはサンダーが効く」という神話 (2004.08.23 Monday) [セコい神話]
 ●金属性鎧を着ていると雷に弱いか
 本日はとてつもなく、くだらない講義をする日です(適当に決めました)。

 金属鎧を着ていると雷に弱くなるという設定は、ファンタジーではよくあります。一昔前にジャンプで一世を風靡した「ダイの大冒険」では、魔法の通じない金属鎧を着ている敵に対し「鎧は金属だから他の魔法が通じなくとも、雷であるライディンなら通用するんじゃないか」という理論を元に、主人公のダイがライディンで敵を攻撃するシーンがありました。

 車の中や鉄筋コンクリートの中にラジオを持ち込むと、電波が通じにくくなります。これは「静電遮蔽」と呼ばれる現象のせいです。
 静電遮蔽とは、電気を通す物体の内部には電界(電気の作用する場)が発生しないという性質のことで、電気を通す物体(たとえば金属)でラジオを囲むとラジオには電波が届かなくなってしまいます。

 イギリスの科学者マイケル・ファラデーは、この静電遮蔽を実験で証明するために、金網で作ったカゴの中に自ら入り、そのカゴに人口雷を落としました。
 実験を見学していたファラデー以外の人間は、ファラデーは感電して火傷を負うか、下手すると死んでしまうかもしれないと思いましたが、金網に人口雷が落とされても、ファラデーは平然と無傷でカゴから出てきました。

 この「ファラデーのかご」と呼ばれる実験により、ファラデーは雷が人間にとってどうしようもない存在ではなく、科学によって克服できるものであることを証明したのです。

 外で雷に出くわした時、車が近くにあれば車の中に入りなさいと忠告された人もいるでしょう。車は金属製品なので、静電遮蔽が発生します。
 この静電遮蔽は電波と同じように電気も内部に入り込まないようにするので、車に雷が落ちても電気は車の表面を通り抜けて、中には入り込まずにそのまま地面に流れます。そのため、雷が鳴っても車の中にいれば安全なのです。
 ファラデーのカゴもこれと同じ原理です。金網に電気を通しても、電気は金網の表面を通って地面に流れるので中にいる人間には影響を及ぼしません。

 実際に実験しなければ確信的には言えませんが、金属鎧でも同等のことが起こると考えられます。つまり、金属鎧を着た敵に雷の魔法をぶつけても電気は金属鎧の表面を通って地面に流れ、装着者にはほとんど影響を及ぼしません
 表面には電気が流れるので、これに触れると感電はします。ですので、鎧のデザインによっては装着者にも電気が流れるかもしれませんが、この場合でも金属と人間では金属の方が電気を通しやすいので、電気のほとんどは金属を流れ人体に影響を及ぼす量はかなり少なくなるでしょう。
 逆に、電気を通さない鎧を着ていると、人体にまともに電気が流れて危険です。

 最初に紹介した「ダイの大冒険」では雷の魔法ライディンを受けた敵は大ダメージを負いましたが、これは科学的に正しくありません。
 雷の大部分は鎧を通して地面に流れるのでほとんどダメージを与えれず、力を使い果たしたダイは敵の一撃で殺されてしまい漫画は最終回。これが科学的に正しい結末です。

 (追記:金属製鎧に対して「金属に触れたら感電はするのではないか」と思う人もいるかもしれませんが、基本的に金属鎧では金属部分と人体は接触していません。金属性鎧を着る場合は布で体を保護し、金属に触れないようにします。何故なら、素肌に金属をあてるとその部分がすれて肌に傷を負うし、赤く腫れ上がることもあるからです)

 ●水属性の敵は雷に弱いか
 「ファイナルファンタジー」などのゲームでは、水属性の敵の弱点は雷に設定されていることがほとんどです。
 何でそのような設定になっているかというと、

 「水は電気を通す→水属性の敵は水で濡れているか水の親和性が高い→電気をよく通すから電気で大ダメージ!」

 という見事な三段論法によるものだと考えられます。しかし、これは本当に正しいのでしょうか?

 海に雷が落ちたとき、その周囲を泳いでいる魚がどうなるのだろうかと疑問に思った人はいないでしょうか。
 実は、海で泳いでいる魚の周囲に雷が落ちても魚は感電しません。もちろん真近くに落ちた場合は感電したり衝撃でショック死する可能性はありますが、外に顔を出さない限り基本的には感電したりはしません。

 何故なら海水は電気をよく通すため、雷が海に落ちると金属と同じように静電遮蔽が起こります。このため電気は海の表面を伝って四方八方の拡散してしまい、感電させる力はあっという間に失われてしまうのです。しかも、ほとんどの魚の塩分と海水の塩分を比べた場合、海水の方が塩分が多く電気を通すので、電気のほとんどは海水の方に流れてしまいます。
 ですので、水に囲まれた状態で電気を受けた場合は、普通に受けるよりもダメージが少なくなるのです。

 もちろん、雷自体は数千度の高温なので近くにいれば傷を負ったりする可能性はありますが、それでもまともに直撃するよりは遥かに弱くなります(念のために書いておきますが、あくまでも「直撃よりマシ」ということであって、平然としていられるわけでは勿論ありません)。

 あなたが雷魔法を得意とする魔法使いだった場合、水属性の魔物をカモだと勘違いして雷魔法を使ってはいけません。やつらは普通の魔物より雷に強いのです。特に水の中にいる敵には、あなたが想像するよりも遥かに弱いダメージしか与えることができないでしょう。


・電気をよく通す物体の中にいれば電気に対して安全になります。
・金属鎧の敵に雷魔法は効きにくいです。
・科学的に正しいダイの大冒険は5巻で最終回です。
・海に雷が落ちても魚は感電しません。
・雷が得意な魔法使いは水属性の敵が苦手です。


参考文献
つかぬことをうかがいますが・・・
科学者も思わず苦笑した102の質問
ファラデーのかご
落雷で魚は死なない?

 間違いの指摘などはこちらまで neko_colum@hotmail.com
 この記事へのリンクcomments(58)trackbacks(6)

 
スポンサーサイト (2015.08.09 Sunday) [-]
 この記事へのリンク|-|-

トラックバック

水属性の敵にはサンダーが効かない??

いつも訪問している「いんちき」心理学研究所さんでの記事です。     この記事によると、雷が落ちたとき 水の方がよっぽど電気を通すのでまともに食らったときより けがが軽減されるということです。 そりゃ、けがするでしょうけど(笑)

From そこはかとなく書きつくれば♪ @ 2004/08/23 8:54 AM

電流にまつわる昔話とその他諸々

■ 「いんちき」心理学研究所さんの「水属性の敵にはサンダーが効く」と…

From 歌う脳髄 @ 2004/08/24 1:37 AM

「水属性の敵にはサンダーが効く」という神話

http://psychology.jugem.cc/?eid=50(choiris) 金属の鎧は電気を通すから着ていると危ない。 水の中にいる生物には電気は伝わりにくい。 思い込まされてましたね。 海やプールに雷が落ちた時、水中にいれば平気なようです。 そういえば、水泳部時代、雷鳴ってても普

From じっぷろぐ @ 2004/08/24 11:07 AM

「水属性の敵にはサンダーが効く」という神話

「水属性の敵にはサンダーが効く」という神話 検算してみよう。 1回の落雷のエネルギーは諸説あるが、『普通のもので20kA程度、雷撃電流の継続時間は長いもので100μsぐらい、電圧は実測で数100万V以上』と言う資料がある(*)。同じく電圧は大きめに 1000万Vとしようか

From Ice Cool Blog @ 2004/08/24 10:34 PM

属性攻撃とは

水属性の敵にはサンダーが効く これを読んで思い出したのが同じ週間少年ジャンプで連載されていたブラックエンジェルズです。 ブラックエンジェルズでこう言う戦いがありました 絶対零度ーーっ! VS 極限炎度ーーっ! 敵対する男二人は温度というもので戦い有ってま

From [cha] カコッチャ @ 2004/08/30 11:16 PM

ピカチュウ!10万ボルトだ!!

「水属性の敵にはサンダーが効く」という神話 最初このタイトルを見たとき、ポケモンの「サンダー」を連想したことは内緒です。 しかし、ポケモンだけじゃなくいろんなRPGやファンタジーでよくある設定なのですが、この常識がもし覆されたらどうなるのでしょうか?

From *ブログ破天荒* @ 2004/09/02 12:25 AM