本日:
昨日:
URL:http://psychology.jugem.cc/
管理人:浅野教授 neko_colum@hotmail.com
「いんちき」掲示板
 虚構はしょせん虚構に過ぎない。だが虚構を求める人々の心は「真実」だ


 
スポンサーサイト (2015.08.09 Sunday) [-]

一定期間更新がないため広告を表示しています

 この記事へのリンク|-|-

 
猫たちが語る「偏見のメカニズム」 (2004.08.04 Wednesday) [白猫と黒猫の対話集]
 「ええと、今回は偏見のメカニズムについての話ということで」
 「まあ、偏見といえば人を見下すといった差別と繋がって語られることが多いが、それとは違う社会心理学的なメカニズムもある」
 「まず基本的な事を聞きますが、偏見とはどういうことを指しますか?」
 「偏見というのは、ある対象に対して、外見などの一部だけの知識や価値観を基準としてその対象を判断し生み出される思考が偏見だ。ヤムチャは雑魚というのは偏見ではないが、ヤムチャっぽい顔した奴が雑魚だと思うのは偏見になる」
 「なるほど。ではどうして人間は偏見を持つのでしょうか」
 「そりゃ、その方が楽だからだ。全ての人間が俺様のように全知全能であるならば偏見などは起こらないが、人間の能力には限界があるために偏見が発生する余地が生まれてしまう。まず、人間というものは基本的に思考を節約したい。つまり怠けたいと考えている」
 「ふむ」
 「例えば、おまえがキャットフードを食べたいと思ったとしよう。しかし、キャットフードには何十種類もあるために、一体どれを選べばいいのかわからないし、全て買う財力もない。そういう場合、あらかじめ情報を調べておいて選択するという方法もあるが、いちいち調べるのは面倒だ。だから、選択する情報として、

 1:別の好みを持ち出す―マグロが好きだから、マグロのはいったキャットフードを選ぶ
 2:値段で選ぶ―値段が高いなら美味しいだろう
 3:メーカーで選ぶ―いんちき社の別の製品は美味しかったから、これも美味しいだろう

等を持ち出すわけだ。しかし、実際はこれは一種の偏見だ。マグロが美味しいからといって別のマグロのはいったものが美味しいとは限らない。値段が高いからといって美味しいとは限らない。あるメーカーの別の製品も同じように美味しいとは限らない」
 「なるほど。しかしそういったものも偏見だというならばどういう基準で選べばいいんですか?」
 「生物に限界がある以上、完全な基準などない。だから、どんな状況でも新しいものを選ぶ場合は必ず偏見が混じることになる」
 「どうしても偏見は防げないと。しかし、生物に対して偏見を持つのはともかく、ただの食べ物程度ならいいじゃないですか」
 「確かに生物と食事を同列には見れないが、実際問題として人間の能力に限界がある以上、人間に対しても同じように見る傾向があるのは事実だ。例えば、ヤムチャのような顔をした人間を見たら『雑魚っぽいな』と思ってしまうのが人情だろう」
 「ヤムチャにこだわりすぎだと思いますが」
 「極端な物言いをすれば、生物学的には男と女では男の方が力が強いが、ヤムチャと人造人間18号を比べたら分かるとおり、必ずしも男の方が強いとは限らない。だから、これも一種の偏見といえる。しかし、『全体として』見たら男と女を比べたら男の方が力が強いと思って間違いないだろう。だから個人個人に対して『この男とこの女ではどちらの方が力が強いか』ということをいちいち確かめせずに『男の方が強い』と普通は考える。『大体の場合』では間違いがないからだ」
 「まあ、それは確かに」
 「もっと身近で言えば、背の高い奴と背の低い奴をどっちに野球の試合に採用するかだ。細かい技術の違いが分かるならば、それによってメンバーを選べるが、分からなければ背の高い方を選ぶのが『合理的』だろう。大抵の場合背の高い方が運動神経がよい『ことが多い』からだ。しかし、これは実際の能力を考慮していない点で偏見だ」
 「なるほど」
 「あるいは、ライオンを見て『こいつは人間を食べると限らないし、人間を食べるとしても今お腹がすいているとは限らない。なのに偏見を持って逃げたりするのは失礼だ。怯えないでいよう』と考えて近づいて食べられたら、それはただのアホだろ」
 「確かに全てのライオンが『人間に出会えば必ず人間を襲う』わけではないですからね」
 「最近流行の愛国心に絡めるなら、『中国人の多くが日本に反感を持っている』というのは事実だ。しかし、それと目の前にいる中国人が『日本に反感を持っている』とは何の関係もない。しかし、多くの中国人が日本に反感を持っている以上、『目の前の中国人が日本に反感を持っているだろう』と考えるのは『妥当』だろ。このあたりは難しい感情も混じるわけだが、『日本人』『中国人』という枠組みに分けた方が『簡単』だから、そういう風に考えることもある。人間の能力に限界がある以上、個々の人間性を考慮するよりも枠組みを作りそれから判断する思考が出てくるのは当然だ。それが愛国心に繋がっている面もあると思う。『自分という日本人』と『他の日本人』を別々として考えるよりも共通の枠組みにいれたほうが『簡単』だろう」
 「要するに、偏見問題は人間の能力の限界が根底にあると」
 「だから、『偏見を持たないように』教育しても無駄。偏見を持つこと自体は人間がある程度は合理的な証拠でもあるし、もしも偏見を全く持たない人間がいたら、何かを判断するのにも異常に時間がかかるただの無能者になってしまう。危険な可能性のある人間や場所にも『偏見を持たずに近づいて』危険に陥る可能性も高くなる」
 「それは、偏見に苦しめられている人は諦めろということですか?」
 「そういうことでは勿論無い。偏見を持たないように教育するのは無駄だが、『偏見を持続させないように教育する』ことは不可能ではないだろう。要するに、ある人間に対して外見や態度から『こういう人間だろう』と評価したとしよう。しかし、その評価と違うことが判明した場合に、すぐさまその最初の判断を捨てれるかだ。あくまでも偏見が有効なのは初期判断だけで、長期的な判断には使えない思考だが、これが分かってない奴が多い。また、偏見と言ってもいろいろなタイプがある。自分がヤムチャが嫌いだからといってヤムチャが好きな奴は頭がおかしいと判断するのは『妥当性の無い偏見』だ。こういった妥当性のない偏見を減らすことは出来るだろう」
 「要するに、『人間が偏見を持つことは無くせないし無くす必要もないけれど、どういう理由で偏見が起こりどのように活用すればいいのかを教育することは出来る』と」
 「まあ実際問題としては、クズのような人間がにとっては妥当性のない偏見を風船のようにふくらませて自分の優位性を何とか確保するための差別的手段としているのも事実だな。しかし、俺様のような絶対強者は偏見などに頼らずとも、全ての生物がひれふすわけで。偏見にプライドをすがらせている時点で無能をさらけ出しているようなものだ。分かったがザコが」
 この記事へのリンクcomments(0)trackbacks(1)

 
猫たちの語る「日本の反中問題」 (2004.07.28 Wednesday) [白猫と黒猫の対話集]
 「ええと、何やら愛国心問題というのが一部で盛り上がっているようですが」
 「愛国心ってのはあれだろ。自分に自信の無い奴が自信の対象を国にスライドさせているだけだろ」
 「そういう極端な意見は置いといて」
 「まあ海外に関わる場合は、その国の政策や日本との関係も考慮にいれるべき点もあると思うが」
 「というと?」
 「絵文禄ことのはの人は『重慶の反日中国人』と一般の中国人を分けて考えているようだが、確かに中国という政策と一般的な中国人が反日ではないのならば分けて考えるべきだが、中国の政策と中国人の意識自体が反日な以上、結びつけて考える人がいても不思議ではないと思うが。というか、元々反中的な意見を持っていた人が、今回の事件でくすぶっていた反中感情を爆発させたと考えた方が自然だと思う」
 「黒猫さん的には、同じように考えるべきだと?」
 「偉大なる帝王である俺様からすれば、中国も日本もやがて俺様が支配する愚図どもの集まりに過ぎずどうでもいい事柄だが、そう考える人が多くても不思議ではないかなと。特に中国の場合は日本から多額のODAを払っているのに、その金で軍事力を増強し日本に武力を背景に脅しをかけていることを不快感に感じている輩はかなりいるだろう」
 「そもそも中国と韓国の一般人は本当に反日なんですか?朝日新聞が日本人のイメージを損なっているように、韓国の新聞も一般的韓国人とはかけ離れているのかもしれませんよ」
 「中国に関しては俺様ですら調べられなかったが、韓国に関しては手がかりになるだろう資料が存在する」
日本人についてのイメージ(2002年)

1位 2位 3位 4位 5位
日本 勤勉
46.1%
見栄っ張り
38.9%
礼儀正しい
31.1%
平和愛好的
23.6%
知的
8.0%
韓国 勤勉
50.7%
実際的
50.0%
礼儀正しい
43.7%
信頼できない
34.7%
進歩的
27.6%
アメリカ 知的
62.6%
礼儀正しい
37.1%
勤勉
35.6%
進歩的
34.0%
実際的
31.5%
スウェーデン 勤勉
66.1%
礼儀正しい
62.1%
進歩的
48.9%
知的
47.4%
実際的
30.8%
ドイツ 勤勉
77.0%
礼儀正しい
68.3%
進歩的
59.4%
平和愛好的
36.7%
実際的
34.8%


日本についてのイメージ(2002年)

1位 2位 3位
日本 優れた文化・芸術がある
41.5%
経済的に豊かである
27.4%
発展途上国への援助に積極的に取り組んでいる
23.8%
韓国 経済的に豊かである
55.1%
優れた文化・芸術がある
19.0%
よい政治が行われている
16.6%
アメリカ 優れた文化・芸術がある
51.9%
経済的に豊かである
36.5%
よい政治が行われている
15.8%
スウェーデン 優れた文化・芸術がある
48.6%
経済的に豊かである
38.4%
よい政治が行われている
9.0%
ドイツ 経済的に豊かである
49.5%
優れた文化・芸術がある
49.2%
世界の平和に貢献している
18.1%
 「この資料は、18〜24歳の青少年を対象とした「世界青少年意識調査」という統計調査の結果表だ。これから分かるとおり、韓国の青年は日本という文化の評価をほとんどしていないことが分かる。これは2002年に調査された最新データだが、1997年の11ヶ国で調査されたデータで見ても、韓国は日本文化の評価が他国に比べて極端に低いことが分かる。韓国と中国は同質ではないが、似通ったところがあるのは事実なので参考文献程度にはなるだろ」
(1997年)
 「1997年のはタイも日本の評価も低いですね」
 「まあ、タイの場合は日本と離れているし、そもそもの知識が無い可能性が高いだろ。日本人だってタイのことは腕が伸びて口からファイアーでヨガヨガしか分からないだろうし」
 「それはインドですが」
 「まあ、絵文禄ことのはの人の発言で
 私は、台湾にも友人がいるし、香港にもメインランドにもいます。それぞれの政治的立場をぶつけたら、それこそ殴り合いの大げんかになると思われるくらい異質な友人たちですが、でも「朋友」でいられるのです――「一事が万事」「坊主にくけリャ袈裟まで憎い」といった考え方をしない限りは。
 「あんたの政治的考えには賛同できないけど、だけど君のことは好きだよ。でもやっぱりあんたの言ってることは変だと思う」と主張することは可能ですよね。それは、憎悪や嫌悪を増幅させない態度ではないでしょうか。
 というのは、かなりいいことを言っていると思うが。これらは矛盾した感情ではあるが、決して特別な事柄ではなかったりする」
 「特別ではないとは?」
 「死刑囚問題というのがあるのだが、死刑賛成論者が死刑囚と関わった場合、その死刑囚の死刑には反対するのに死刑自体には賛成の意見を持ち続けるといった矛盾した行動を取る事がある。これの理由はよく分かっていないのだが、日本人の場合中国人が嫌いで反中にはなるが、中国人と関わった場合、反中ではあり続けるがその中国人とは仲良くなるということは十分にありえるだろ」
 「ふむ」
 「そもそも石原慎太郎だって、『三国人』と親友だったわけだし」
 「あの保守オヤジがですか」
 「ただ、結局この手の対立を解消するには、個人レベルでは可能かもしれないが、国家レベルで反日をしている中国との国家的友好はかなり難しいだろうな。そもそも中国は国家的『政策』として反日を行っているわけだし。望みがあるとするならば俺様の世界征服だけだということだ」
 この記事へのリンクcomments(1)trackbacks(2)

 
猫たちの語る「イジメ問題」 (2004.07.07 Wednesday) [白猫と黒猫の対話集]
「今回はイジメ問題ということで。今は新聞ではほとんど取り上げられなくなりましたが、数年前ではイジメ問題が非常に大きな社会問題として、取り上げられていましたね」
「俺様の統治する帝王世界ではイジメなど存在しないわけだが、白痴の人間どもの社会ではよく見られる現象だな。我々がしっかりと管理するしかあるまい」
「ハンター×ハンターの微妙なパクリは置いといて」
「まずイジメの論説についてだが、何故揃いも揃って『誰にでもイジメられる可能性はある』とか『イジメられる人に理由はない』とかいう論調なのが不思議だな」
「というと?」
「『誰にでもイジメられる可能性はある』というのは、宇宙から隕石が落ちてきて頭に命中して死亡する可能性があるというようなもので、実際はイジめられる人間はイジめられるようなタイプであることがほとんどだろう。決して、成績優秀で人徳がありスポーツもできるという人間がイジめられたりはしないわけで。理由についても、大抵の場合は理由がある。無論、理不尽な理由だが」
「ふむ」
「まあ、実際こういうことを書いてしまうと(それが例え事実だとしても)世間から袋叩きに合うだろうから、俺様のように強大な権力を持っているならばともかく、人間風情では当たり障りのないことを書いてしまうのは致し方が無いことかもしれんが」
「しかし、だからといってイジメられている人間に対して、『君にもいじめられる理由がある』というのは酷じゃないですか?」
「例えば、性格の悪さのせいでいじめられる人間がいるとしよう。その人間に対して『君は何も悪くないんだ』というのは、自分が悪いんじゃないという一時の慰めにはなるが、実際の問題は棚上げになる。まあ指摘されたからといって必ずしも問題点を直せるわけではないが、だからといってそもそも問題点をボヤけさせ、認識できないようにするのはいかがなものかと。これは実際の問題や解決策から目を逸らさせているという点で悪質だ」
「黒猫さんの性格の悪さもかなりのものだと噂されてますが、何故いじめられないんでしょうか?」
「そりゃ力があるからさ。社会的建前上は暴力は否定されているが、世の中というものは暴力が大きな比重を占めている。例えば、真中淳平が街を歩いていたら問答無用でぶん殴れるが、胸に七つの傷を持つ男に列を横はいりされてぶん殴れるかという問題で。ここで法律が云々とか語っても警察にも相手にされるわけがない」
「『俺の名前』を言わされてしまうわけですね」
「こういった肉体的な差異もいじめの理由の一つになりうるわけだが、腕力について語ってる論説もほとんど読んだことないな」
「さて、そもそもイジメとはどんなもので、どのようなことが問題なのでしょうか?」
「一言で言えば、イジメとは、『クズのような輩が自分より弱い者を食い物にする』という『システム』で、弱肉強食が歪んだ形で達成されたものだと言えるだろう。つまりどうしようもない人間が『勝者』となるという点で問題がある。真に偉大なる帝王である俺様が世界を統治するのとはわけが違うということだな」
「システムですか」
「そう、システム。つまり、システムである以上仕組みがあり、その仕組みをしれば解決できる(かもしれない)問題でもあるわけだ」
「『かもしれない』とは?」
「何もしないで解決できるような問題じゃないからな。自分の性格の悪さを知っていても直せない人間がいるのと同じように、理由が判明しても必ずしも解決できるわけじゃない」
「嫌なシステムですね」
「というか、世の中で解決できる問題なんて数えるほどしかないと思うが。それはさておき、イジメのシステムについてだが」
「ふむ」
「大体においていじめられる人間というのは、人間関係の純粋性を信じている者人間関係の政治性に気がつかない人間などだな」
「よく意味が分かりませんが」
「つまり、人間の道徳を信じている。或いは政治性が分かっていない。友情というものは無私で無欲だと、どこかで信じている。例えば、我々が友人を選ぶ際は、意識的にであれ無意識的にであれ、『こいつと仲良くなればメリットがある』と考えるわけだ。話してて面白い、いろんなことを知っている、勉強を教えてくれるなど。しかし人間関係の純粋性を信じている人間はこの事に気がつかないわけだ。『メリットなんて関係なく、仲良しであればいい』とか」
「むむむ。何だか嫌な子ども社会の一端を垣間見たような」
「別に子ども社会とは限らなくて、大人社会でも同じだろう。要するに人間関係において『メリットを提供しない人間に価値は無い』わけだ。だから、性格自体に問題は無くともメリットが提供できない人間はイジメの対象となりうる。本来、価値の無い人間に対しては普通は何もしないわけだが、その人間に対して別の意味で価値を見出す人間がいる。これがイジメっ子だ」
「別の意味の価値とは?」
「人間が社会的な動物である以上、集団に属していないか小集団の人間は『弱者』に分類される。そして、普段から鬱屈したところがあったり、腕力や意地の悪さだけはあるが他に何の才能も無い人間が、自分の価値を見出すために、そうした弱者を見下しいたぶることで、自身の優越性を確保しようとする。人をイジめられる人間というのは、『イジメっ子=イジメられっ子』という図式においてのみ勝者になるからな。これが大体においてのイジメの構図だ」
「よく、助けない傍観者が一番悪いとも言われますが」
「周りは助けてくれないとよく言うが、『助けてくれないのはメリットがないから』だ。逆に言えば、メリットとデメリットを天秤にかけてメリットが優先すれば助けてくれる人間もいるだろう。例えば、美少女が電車で痴漢に襲われていたら、俺が助けるのにとか考えながら満員電車に乗る男は多いはずだ。不細工ならスルーだが。まあ、傍観者問題で一番問題となるのは、『容認する雰囲気』ができることかなと」
「容認する雰囲気?」
「例えば、近くにいるのに見なかったりするとか、すぐに出て行ってしまうとか。何かことが起こったときに誰も知っているのに止めようとしないのは、それが『許される行為だから』と解釈されるわけで」
「ふむ」
「だからと言って、傍観者が一番悪いとはいえないけどな。そもそもいじめる人間がいないと傍観者というものは成り立たないわけで、まずイジめる人間ありきだろう」
「では、イジメを知った傍観者にできることはありますか?」
「よく注意したらイジめられたとかいう話は聞くが、大抵の場合一人で注意するからそういう反撃を食らう。俺様のように一匹でも300万パワーを持っているならばともかく、人間社会においては数が多い方が偉いんだから、根回しをするなりなんなりして、数の力をあらかじめ集めておかないと逆にしっぺ返しを食らうことも多いだろう。まあ、一人で注意するということは、『注意したらやめてくれるはずだ』という道徳の罠にはまっている証拠でもある」
「それも道徳を信じる人間はいじめられる論ですか」
「分かっていても『そこまでやるのはめんどくさい』から助けない場合が多いと思うけどな」
「そんな身も蓋も無い」
「イジメられる人間の対策としては、やはり力やメリットを見せることかな。例えば学校の成績がいい人間がいたとして、『俺は頭がいい。お前らはバカだ』という態度をとれば、それは『メリットを提供しない価値の無い人間』と見られるが、『この問題はこうやって解くんだよ』と教えれば『メリットを提供するから仲良くなれば得になる』に変化するわけだ。ここで問題になるのは、偉そうな態度自体ではない。偉そうな態度でも他にメリットの提供があれば価値ある人間として認識される。例えば俺様のようにな」
「しかし、腕力なくもメリットを提供できない人間もこの世にはたくさんいますよ」
「それが難しい問題だ。これはイジメ問題だけではないが要するに、『能力の無さをバカにされたらどうするか』という問題。イジメられたときに『何もかも相手が悪いんだ』とか考えるか、『能力を身に着けて見返してやる』と考えるか。仮に自分が一切変わらずにイジメが解決したとしても、自分の能力の無さに変わりはないわけで。結局、イジメがなくとも能力の無い人間が将来的に幸福を掴むのは難しいので、これをバネにして高みを目指すのが得策ではあると思うが」
「しかし、それではイジメの肯定のようにも取れますが」
「まあ、そういう反論もあるだろうから精神的被害について述べておくと、まず物理的な被害と違い、精神の傷は心の持ちように左右される。つまり、物理的な傷は自分がどう思おうが変化しないのに対し、精神的な傷は『自分が傷ついた』と思えば傷つくし、『傷ついていない』と思えば傷つかないことになる。しかし、人間はより傷つこうとする傾向がある」
「それはどうしてですか?」
「同じ『指で突く』という行為でもデコピンは大したこと無いが、北斗神拳では殺人罪になる。これは傷の深さが罪に比例するからだ。精神的な傷の場合、例えば誰かから嫌がらせを受けたとして、自分が嫌な思いをすれば相手には罪があるが、気にしなければ相手には罪がない。だから、相手の罪を重くしたければ、自分がより深く傷つけばいい。しかし、これは相手を中心に考えた意味の無い行為だと思う。自分を中心に据え、傷つかない、強い立場を表明した方が建設的だし、イジめられにくくなる結果にも結びつく。無論こういった考えをするのは難しいが、やらないよりはマシだろう。ダメだったとしてもマイナスになるような性質のものではないし」
「なるほど」
「まあ、イジメはケースバイケースで俺様の述べたことが全てではないが、能力や政治性が重要なのは確かだ。今なら煎じて飲めば高確率で死ぬが、生き残れば偉大なる能力が目覚める俺様の爪の垢をまたたび100年分で譲ってやろう」
 この記事へのリンクcomments(2)trackbacks(0)